top of page

音声認識で
会話を見える化

聴覚障がい者向け
コミュニケーションサービス

Pekoe ~ペコ~

聴覚障がい者の木下さんがペコを起動したパソコンを見ている。会議の音声をリアルタイムで文字化。資料と会議での会話を同じパソコン画面で確認できる。チャットとして、文字に返信することができる。操作もとっても簡単だ。

聴覚障がい者だけでなく共に働く方も。

​チームに向けたコミュニケーションツール。


Pekoeは会話を音声認識で見える化します。音声認識の誤認識はその場で修正。共有URLで誰でも修正作業に簡単に参加。チャットやいいねなどコミュニケーション機能も。

​4週間 or 100時間の無料トライアル!

Pekoeとは?

​株式会社リコー アクセラレータープログラム「TRIBUS」から始まった『聴覚障がい者向けコミュニケーションサービス』

※再生すると音がでます

RICOHg

『同じときに、同じ場所で、
​  同じ内容を理解する大切さ。』

聴覚障がいでも会議に出席して内容を理解することはできます。ただし、すべての内容をその場で理解することはとても難しいです。会議後、議事録を読んで業務に必要なことは理解できます。

議事録を読んで思うことがあります。

『僕も発言したかった。』

会議では同僚もチャットや筆談ででサポートしてくれますが

『ありがたいけど、いつもは申し訳ないな。』

そんなとき、Pekoeに出会います。

『会議の内容をリアルタイムで文字化!資料と字幕を同じPC画面で表示できる!操作も簡単だ!』

​『会議、配信、動画。あらゆる音声に字幕を。』

ビジネスミーティング

01 Meeting

定例会議で会話を字幕表示

メンバーの会話が文字化されその場で理解できます。音声認識の誤変換もみんなが修正でき、正しく情報を伝えることが可能です。後から議事録だけが共有されるのではなく会話を丸ごと読めるのでスムーズに情報が伝わります。対面でもオンラインでも。

定例会議をオンラインで開催している画像。オンライン会議ソフトとPekoeが一画面に表示され音声認識がリアルタイムに表示されている。
ラジオ番組のマイク

02 Webcast

​リアルタイム配信に字幕表示

会社で開催されるイベントにも参加できるようになります。配信される動画とPekoeを同じ画面に表示すれば字幕ツールのような使い方ができます。聴覚障がい者本人が使うも良し、イベント運営側がPekoeを表示しながら配信することで情報保障にも活用できます。

オンライン配信イベントの音声を字幕で表示して情報保障。
オンライン教育

03 Movie

​過去の研修動画に字幕表示

​会社ではスキルアップのために研修動画が用意されていることがありますが、字幕が用意されていないこともあります。Pekoeなら動画の横に並べて表示して1枚の画面で見ることができます。1枚の画面で見ることで動画を集中してみることができます。

研修動画をPekoeで音声認識して見ている。

​『Pekoeはいつでも気軽にみんなで修正』
『その場で会話の内容を伝えるコミュニケーションツール』

Pekoe使い方。音声認識はアプリで実行することと音声認識の誤認識の修正はブラウザからできることが説明されている。Pekoeの使い方手順。①アプリケーションを起動する。②記録開始をクリック。③共有URLを発行。④コピーする。⑤チャットやメールで参加者に送付。⑥参加者はブラウザでURLを開き表示・修正する

リアルタイムな音声認識

​リアルタイムに会話を表示

コミュニケーション

チャットもリアクションも👍

​その場であなたの意思表示

リアルタイムな修正

その場でテキストの誤認識を修正

辞書登録

社内用語、専門用語はあらかじめ登録で認識率アップ

​共有リンク

​共有リンクを発行すれば誰でも修正に参加可能

記録

​認識したテキストは後からでも確認可能。

​推奨環境

アプリ

会話のテキスト化、共有リンク発行等の

サービスをサポートするためのアプリケーション

  • CPU : Intel Core i5 (最大2.4GHz)以上

  • メモリ:8GB 以上

  • OS:Windows 10

    • 最新から2世代前のバージョンまで

​ブラウザ

共有リンクからのテキスト修正、マイページ等のWebサービスをサポートするブラウザ

  • Google Chrome 最新版

よくある質問

Q. Pekoeを使うには何が必要ですか?
インターネットにつながるパソコンとマイクがあれば使うことができます。マイクはノートPC内蔵やスピーカフォンなど市販の製品をご利用いただけます。

Q. mac OS やスマートフォンで使うことができますか?

現在は、Windowsのみ対応です。

Q. 何人まで使うことができますか?
何人でも使うことができます。誤認識の修正作業などは共有URLを渡すだけで参加可能です。

Q. 全員がアプリをインストールする必要はありますか?
全員がアプリをインストール必要はありません。音声認識を利用する方のみアプリのインストールが必要です。誤認識の修正作業などは共有URLでブラウザから利用できます。

Q. 音声認識したテキストは後から見ることができますか?
ブラウザから後で閲覧できます。データはクラウド上に保存されます。

​聴覚障がいを理解するためのセミナーも

Pekoeを導入するだけでなく聴覚障がいとは何かを知ることでお互いに働きやすい環境をつくることができます。Pekoeの導入を進めていると、ツールを導入するだけではお互いが協力し合う風土が根付かないことを感じました。

 

そこで、Pekoeチームが活動を通して体感してきたこと、困りごとの解決のしかたなどを知り協力し合う風土をつくるためのセミナーを準備しました。​Pekoeトライアル開始後にはセミナーのダイジェスト版をお聞きいただけます。

​障がい者定着支援の現場から

聴覚障がい者は離職率が高いと言われています。その原因は主にコミュニケーションにあると言われています。聴覚障がい者とのコミュニケーションは手話や筆談が一般的と思われていますが、今はITの力を活用した情報保障が注目され始めています。現在ではスマートフォンで利用する音声認識アプリも多く使われています。

 

リコーが提供する「聴覚障がい者向けコミュニケーションサービス Pekoe(ペコ)」 はWindowsパソコンで動くアプリケーションです。Pekoeを使うことで、発話をリアルタイムにテキストにし、テキストに対してコメントやリアクションができようになります。これにより難聴者やろう者の方と会議やミーティングで活発にコミュニケーションを取ることができるようになります。

先日可決した「障害者情報アクセシビリティ・コミュニケーション施策推進法」で、情報の同時性がうたわれています。会議の内容を後から議事録として渡すのではなく、その場に参加してもらい、一緒に内容を理解していくことが重要になってきます。
 

Windowsパソコンで動きますので、ビジネスでの利用に最適です。ぜひ聴覚障がいをお持ちの方を雇用している会社、これから採用しようと考えている会社の皆様に使っていただきたいと思います。

まずは無料でお試しください

​お申込みの流れ

STEP1

イラストノート

​トライアル申し込み

申し込みフォームからお申し込みください。

STEP2

Eメール

アカウント登録

Pekoeサポート担当よりご利用手順についてメールにてご連絡いたします。

STEP3

金融チャート

利用設定

ご利用手順に従い、アプリのダウンロードやチーム設定をしてください。

STEP4

マルチメディア

​利用開始

Pekoeで音声認識をご利用いただけます。

bottom of page